イメージ 1


昔若かりし頃、今ほど収入も無く、
しかし札幌には買い物や遊びによく行っていました。
そんな25年ほど前、
もちろん高速道路は高くて乗れないので、
ひたすら国道275号を走って札幌に向かうある日、見かけたでかい建物・・

中華料理「しいたけ飯店」です。
樺戸郡浦臼町字浦臼内174-40。マップはこちら→https://goo.gl/maps/2Lr6QuP8AEG2
営業11時〜21時、水曜定休。Pあり、禁煙。

イメージ 2

その頃は通るたびに気になっていました。
いつ通っても活気が無い。
(今思えば、札幌に向かうのは早朝でココが開店前、
旭川に帰るのは夜遅くココの閉店後だったんですね(^_^;)
看板には
「しいたけ飯店」の文字・・。
いったい何だろう、何屋さんだろう、営業しているのか・・?

そうしているうちに、少しは収入も増え、ETCも普及し、
札幌行きはすっかり高速道路利用となり、
275号を走らなくなって、ここ15年以上は存在も忘れていました。

イメージ 3

今年になってからネットで中華屋さんをあれこれ見ていたときに、
見覚えのある建物の写真が。
何枚か見てると看板の写真には「しいたけ飯店」の文字!
おおおおおおーーーーまだあったのかぁーーーー
そして、
中華店だったんだ!!

先日、15年ぶりくらいに、
高速乗らずに札幌行こう!ってことになって、
こりゃチャンス、ってことで寄ってみましたよー(^。^)

イメージ 4

でかい建物なので当たり前ですが、店内広い!!
そして
ホントに中華店だ!!

あらためて店名をネットで検索してみたら、
けっこうな数がヒットしました。
私の中では「謎の建物」だったのですが、
実は地味ながらも人気店だったんですねー。

イメージ 5

メニューは中華、そしてラーメンです。
かなりの種類があります。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

まずはコレ食べておかなきゃね。
しいたけラーメン880円

塩味です。透明度高めのスープ。
ひと口いただくと、
なるほど椎茸の独特の風味。
でも嫌なくせも無く、けっこう違和感も無く
美味しくいただけましたよー。

イメージ 13

麺がね・・なんだろう・・
日清とかマルちゃんとかっぽい(^_^;
あの生ラーメンの麺みたいな印象とは違うなぁ。

イメージ 14

んでお次は
豚角煮定食A(回鍋肉)1280円(サラダ・スープ・漬物・ドリンク付き)

・・なんでドリンクを真ん中に置く・・?

イメージ 15

さておき、
なかなかたっぷりとしたボリューム。

イメージ 16

ん!美味しい!!
なるほど回鍋肉で角煮、ってこういうことかー。
入ってる豚肉は味の浸みたほろほろと柔らかいもの。
これはんまいですねー。
味付けも、私が食べたことのあるものは「甘じょっぱい」印象だったのですが、
これ、しょっぱさをほとんど感じず、甘さだけがある。
その甘さも控え目なので食べやすいです。
「濃い」けど「くどく」はありませんでした。
(あ、中華のアノ脂っぽさはありますけど)
なかなか個性的でいい味でしたよ、うん。

イメージ 17

ほいでもう一品。
やむ茶セット(えびぎょうざ2・小籠包2・ふかひれぎょうざ2・シューマイ2・桃まん1・肉まん1)940円

要するに2人で取り分けていただく感じですね。

イメージ 18

ちょっとお時間かかって、
先のメニューがちょうど食べ終わった頃にやってきました。

イメージ 19

これで940円はお得感あるな(^。^)

イメージ 20

ん。よいですねー。
どれもこれも、よくある食堂のお手軽中華と一線を画す作り、
ちゃんと中華の味わいしていました。
私的には本格中華と言って差し支えないかもー。

イメージ 21

ふぃー満足。
謎の建物は、個性的な味がなかなか美味しい本格中華のお店でした!(^。^)
でも、
「しいたけ飯店」のしいたけとは?
そりゃメニューにいくつか椎茸モノあったけど、
たくさんあるわけでもなく、特に推してるわけでもなく・・
新たな謎の出現でした(笑)