イメージ 1


行きましたよ〜でんぱ組.incの
札幌ライブ!
しかも
2月12日金曜日・札幌教育文化会館(ホール)、
2月13日土曜日・Zepp札幌(ライブハウス/スタンディング)、
両日とも!!

ファンクラブに入って初のライブでしたが、
まあまあいい席も取れたし、
ファンクラブ効果は絶大ですなぁ(^。^)

2公演ともチケット取れた時点ですぐ、
札幌で安ホテルも押さえました。
2泊3日でんぱ組ライブツアーです(^。^)

イメージ 2

まず12日のホールライブ。

仕事を午後休取って札幌入りして、そのまままっすぐ会場へ。
18時開場・19時開演なのですが、
例に漏れずツアーグッズ販売(物販)が15時半から始まってて、
そこにジャストで着きました。

今回の会場、札幌教育文化会館(1100席程度)は、
去年の http://blogs.yahoo.co.jp/dc2raka/65209630.html
ツアー会場だったわくわくホリデーホール(1500席程度)よりも
キャパが小さいんですよね。
2日間あるから縮小したのかなぁ?

でもココ、ホール内で並んでられるから
冬は嬉しいですねー。寒くない。
ライブ自体は指定席だからいいけど、
物販は並ばなきゃなかなか買えない。
ヘタしたらライブ前に買えないし。

イメージ 3

なんとかツアーTシャツとタオルをゲット。
ホテルにチェックインして、ひと息。
早速このTシャツに着替え、タオル持って
再び会場へ。

イメージ 4

今回もファン有志の方々が
「檸檬色」の口上配ってましたねー。

話しかけられたりもするけど、
札幌ライブに来るでんぱ組のファン、大きく分けると
10代〜20代前半の若い層は、
ヲタ的ノリで仲間同士で話盛り上がってたりしてます。
それと、
30代〜40代男性の方々。
この30代〜40代男性の太ヲタと思わしき方々が、
マナーもよく、ライトファンにも親切だったり、
ファン拡大や寄せ書きなどで、
丁寧にしかも落ち着いて並んでいるファンに話しかけていたり。
とても好感が持てます。

まあ、目に余る方もごく一部にいますけどね・・。

イメージ 5

さて、肝心のライブですが、セットリストは以下の通りでした。

01.アキハバライフ
02.バリ3共和国
03.なんてったってシャングリラ
=MC
04.W.W.D
05.まもなく、でんぱ組.incが離陸致します
=紙芝居(相沢さん)
06.とんちんかんちん一休さん
07.ちゅるりちゅるりら
08.キラキラチューン
09.おつかれサマー!
10.でんぱーりーナイト
11.冬へと走り出すお!
12.サクラあっぱれーしょん
13.NEO JAPONISM
14.でんぱれーどJAPAN
15.破!to the Future
=MC
16.VANDALISM
17.FD2〜レゾンデートル大冒険〜
18.Future Diver
〈アンコール〉
19.あした地球がこなごなになっても

20.ORANGE RIUM
21.でんでんぱっしょん

私的にはツボに入るかなりいいセトリでしたねー(^。^)
去年は聴けなかった大好きな「冬へと走り出すお!」が
今年は聴けました!
それと1月発売の「破!to the Future」も
さっそく歌ってくれたし。
CDでは微妙だった「とんちんかんちん一休さん」は
ライブではいいですね〜。楽しい。

座席もよかったですよー。
ステージからの距離は、昨年の半分くらいっすね。
6人の表情よく見えました(^。^)
しかも、
ステージに向かって左側だったのですよ。
それって推しの最上さんのポジション側!
最上もが様、たっぷり拝まさせて頂きました(*^。^*)

イメージ 6

で、翌日。
私初のZepp札幌でした。

ホテルでの朝食後、一息いれてから
場所確認のために10時半ころZepp札幌まで散歩。
宿泊したホテルから歩いて3分ほどのところにありました。

びっくり。
もう並んでるーーー!!
物販は13時半からなのに
(ライブは16時開場・17時開演)
なんだこの列!!

イメージ 7

昨日は売っていなかった
「ヴィレッジヴァンガードZepp限定販売グッズ」もあるんですよね。
入口も「一般グッズ」「ビレバングッズ」に分かれていて、
一般グッズは並ばずともすんなり行けそうでしたが、
ビレバンはすげー時間かかりました。
売り子さんが少なかったからだよなきっと。

イメージ 8

買えたのは結局15時。開場1時間前でした。
まだまだ後ろに並んでたなぁ・・。

この日も早速購入した最上もが様の推しTに着替え、
いざZeppへ。
セトリは以下の通り。

01.サクラあっぱれーしょん
02.とんちんかんちん一休さん
03.ちゅるりちゅるりら
04.NEO JAPONISM
=MC
05.W.W.D
06.Dear☆Stageへようこそ
07.ブランニューワールド
08.あした地球がこなごなになっても
=MC
09.でんぱーりーナイト
10.冬へと走り出すお!
=MC
11.破!to the Future
12.Future Diver
13.イロドリセカイ
=MC
14.でんぱれーどJAPAN
〈アンコール〉
15.バリ3共和国
16.でんでんぱっしょん
17.ファンファーレは僕らのために

やー、いいっすね、生バンド!!
前日のホールはカラオケだったけど、
この日は「でんでんバンド」も出演でした!!
しかもまた「冬へと走り出すお!」歌ってくれちゃって(^。^)
そして1週間ほど前に発売されたばかりの「ファンファーレは僕らのために」も
最後の最後にきましたねぇー!!

周りは熱いヲタ様ばかりで、かなり圧倒されましたが、
前日よりさらに前、ホールの座席で例えるなら3〜4列目あたりの距離だったので
最上さんの毛穴まで丸見え!(←言いすぎ)

入場待ってる間に
「寄せ書きしませんか?」と穏やかな太ヲタの方に声かけられ書かせて頂いたり、
ライブ中にはとなりのヲタさんに
「いいっすか?!」と言われ返事待たずして(笑)肩組まれ一緒に盛り上がったりと、
終始ヲタと間違えられてた1日でした。面白かったけど(^。^)
(解説:ライトファン<ファン(←イマココ)<ヲタ<太ヲタ)

イメージ 9

「ビレバン限定推しタオル」が売り切れで(もちろんもが様)買えなかったのが
残念でしたが、
2日間ともすげー楽しくて面白くて、
絶対次も行く!と思った両ライブでしたよー。

最上さんと夢見さんが好きなのですが、
もが様、華奢!細!顔小っさ!んで、超絶かわいかったですね(*^。^*)
汗かきかき、必死に踊り歌う姿がなんとも男ゴコロくすぐる・・。
細かい表情が見て取れて、ますますファンになりました。
表情と言えば夢見ねむ様も、
コロコロと変わる表情や、白く柔らかそうなお肌。
至近距離だとそんな魅力もしっかり伝わって来ちゃいますね。
そうそう、
成瀬瑛美さんの実物って、ネット動画や写真などで見るより、
実物カワイイっすねー。

北海道は「みりん推し」な方々がパワフルですねー。
これは去年も思いました。
あと「ピンキー推し」さんと「ねむ推し」さんも勢いがスゴイ。

いつかは東京の本拠地「ディアステージ」に行ってみたいものです・・。