右はアルペンの毎年発行される
アウトドアグッズのパンフレット、
そして左は、
また今年も買っちゃいました〜、
北海道キャンピングガイド2013・RISE編集部 著(ギミック社)。
1500円はけっして高くねぇぜ!

イメージ 1

もうすでに、読みながらエアキャンプしてます(笑)。

ただ、中にも書いてありますが、
今までは
「テントを張って宿泊することが認められている屋外空間」を
できるだけ掲載する、という創刊以来の基本方針が変えられていて、
曰く、「現在求められている情報」として
「温泉」「料理」「イベント」の情報を掲載するために、
幾度かの取材中に他のキャンパーが見られないキャンプ場、
それと海水浴場をカットしたとの事。

ページ数・予算など、いろいろな縛りがあるとは思うけど
私的には値上げしてでもすべてを載せて欲しかったなぁ・・。
硬派な本(でも内容は初心者にも使いやすい)として認識していたので、
なんんかそういう、今の時代の情報戦には、
この本は参戦しないで欲しかったなぁ。