なーんか面白いマンガ読みたいなぁーとここ数年思ってるんだけど、
人気の某マンガとか読んでも感動ないし
友人に勧められたのもピンとこなかったし、
なかなか自分にハマるものがなくて・・
でも、最近買ったこの2つはよかった。

イメージ 1

本田真吾「ハカイジュウ」。
3巻まで読んでて、まだ盛り上がりはいまひとつだけど、
これからをすごく期待させる展開でした。
どんどん面白くなりそう。

イメージ 2

諫山創「進撃の巨人」。
これはもう今や大評判のマンガ。
なるほど、これは面白い。
綿密な設定とちりばめられた複線。
まだまだ展開がいろいろありそうですねー。

この手の(?)マンガでは
岩明均「寄生獣」が大好きだったんですよねー。
「ハカイジュウ」には、「寄生獣」の敵から追われるドキドキ感、
「進撃の巨人」には、「寄生獣」の敵を攻略するための謎解きや戦術のワクワク感と
似たようなものを感じました。

とりあえず、どちらも次の巻(ハカイジュウ4巻、進撃の巨人5巻)が
待ち遠しいです〜。