イメージ 1

さて次に、VAIO Type-F Lightを無線LANに
つないで、ネットワークに接続する設定をします。

BUFFALOの無線LAN、WHR-G54Sには
「AOSS」という手間いらずの簡単無線LAN設定がある、と
先に書きましたが、
これを利用して説明書通りつないでも、無線LANには
1台しかつなげないらしいのです。
(ネットで調べると、そのようなことがいくつか書いてありました)
事実、ウチでもVAIOはつなげてもWiiはつなげないし・・。
ただ、Wiiも「WHR-G54Sの電波は発見!」ってとこまでは
こぎつけるんですよね。
ですから、Wiiは簡単設定をあきらめて、手動で設定することにしました。

そういうわけで、VAIO Type-F Lightの方は
今まで通り、AOSSの簡単設定利用しました。
WHR-G54S本体をまず「ブリッジ」に切り替え
(本体スイッチをBRI.にする)
WHR-G54Sに付属していたCD-ROMからアプリケーションを
インストールし、それに従ってAOSS設定。
設定はあっけなく終了。

その後インストールされたアプリケーション
「AirStation設定ツール」を起動し、
「Web設定」をクリック。
すると、WHR-G54S本体の「AirStation Setting」につながります。
そして左メニューの「システム情報」をクリックすれば・・
Wiiの手動設定に必要な情報がすべて記載されているのです!

やっとここまできた・・。

(もうちょいつづく)